ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラックもこりん母さん

<<   作成日時 : 2015/10/04 12:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 2

9月28日 今回一番、白血球3260 と下がっていたけど(正常3400〜8400)

AC抗がん剤4回目終了

前半戦抗がん剤予定通りのスケジュールでこなせました

1回目投与の時は、この先どうなるのかと不安だったけど

あら〜意外に全然大丈夫じゃないの〜

投薬直後は、辛いけど、1週間も過ぎれば、ご飯も美味しいし

2週間も過ぎれば、ちょっとそこの奥さん

ビールも美味しいじゃ〜あ〜りませんか
画像


最近、がんでの訃報が続き、北斗晶さんが乳がんで全摘手術〜と

同じがん患者としては、ちょっと心揺さぶられるニュースが続いております・・・

このニュースを見て、父さんの方が凹んでいる・・・

ピンクリボン運動って・・・

早期発見〜早期治療で、乳がんの生存率は高いですって

乳がん検診後1ヶ月半後に、2.2pの腫瘍発見

リンパ節転移あり、 左乳房全摘、ステージ2のbの進行がん

抗がん剤しか治療法がないトリプルネガティブだった私。

検診してもみつけられねぇ〜じゃねぇ〜かよぉ〜


私、癌ですって告知された時、

告知前の検査からして、絶対に癌だろって思っていたから

泣き崩れるとか、号泣するとかなかった。

でもいつか『ドッキリ〜』なんて看板持った人現れるかな〜と期待した。

時々〜先の事考えると、不安に押しつぶされて、

ちょっと涙腺弱くなるけど・・・なんか思いっきり泣けない・・・なんでだろっ。

画像


前半戦AC抗がん剤終了し、

3週間後には、タキサン系 タキソール(パクリタキセル)1回/1週間 を12回

することに決めた

悩みに悩んで・・・http://8940150.at.webry.info/201509/article_1.html

AC4回目の診察で、いつも通り

副作用どうでしたか?と聞かれ、ざっくり答える

『投薬後1週間、内服薬のせいで、覚醒されて2〜3時間程しか夜中に熟睡できない』と伝えると

『眠れないのは、病気じゃないですからね〜大丈夫ですよ』って。


そりゃ〜病気じゃないよ。仕事もしてないんだから昼寝すれば済むことだ。

でも夜中に目が覚めると、外も心も暗いんだよ〜

不安になって、携帯であれこれ検索して更に暗くなるんだよ〜って言いたかったけど

言えなかった。


『前回の目の充血はその後大丈夫でしたか?』と聞かれた。

『目薬して治まりました。』

『ここにはね〜眼科がないから電話もらっても困るん〜』と言いかけて

私のチッコイ目が固まったのに気付いたのか

Drが『困ると言うか、診ることができないからね〜』と即座に言い治した。

『副作用なのかどうなのか分からなくて相談の電話をしてしまいました・・・・』と答える私。


化学療法室のナースは、いつも詳しく副作用の症状聞いてくれるし

その症状辛かったら、我慢しないで電話して相談すればいいんだよ〜

今からお守りで薬追加で出してもらう?とかって色々親切にしてくれる。

だから、電話して指示を仰いだのに・・・迷惑ってことなのか・・・



『じゃあ今回も同じ量で投薬行けますね?大丈夫ですね?』

『はい』


後半戦の抗がん剤を決める時、Drは

『どちらでも効果は変わりません。

パクリは必ず多かれ少なかれ痺れがでます』

『でも文献では。トリネガには、パクリの方が奏効率が数パーセント高いですよね?』

の問いにも

『そんな変わらないですよ。どちらでもいいですよ〜』と・・・



そもそもトリネガ患者に、抗がん剤が有効な人は少ないから

どちらを選んでもどうせ当たらない宝くじを

連番するかバラにするかを悩んでいる

アホらしいようなものなのか?

確率が少ないからこそ、その数パーセントの違いにこだわりたくなるのに・・・・

もっと詳しく説明して欲しいのに・・・

私なんか所詮ただの患者の1人だもんね・・・


ふつふつとやるせない思いのまま・・・

化学療法室へ〜

ナースに後半の抗がん剤の確認をされた時

先生どっちでも変わらないって言ったけど〜と愚痴ると

『そっか〜トリネガなんだね〜 痺れの副作用は気になるけど

数パーセントに違いに掛けて見たいって思いますよね〜』って

そうそうこういう言葉〜 待ってたの。

治るか治らないかなんて誰にも分からない・・・

もしかしたら今やってることには全然意味がないのかもしれないけど

でも信じてとりあえずやってみようと思っているんだ・・・

だから・・・

選ぶって簡単に決めれないんだよぉ〜〜〜





癌になった時、

そんなに深く考えなくても・・・・今の時代2人に1人は癌になるんだよ

って励まされた?

私は、その2人に1人の癌になる人の方でいいのか?

どうせならならない方の1人になりたかった・・・


だれだれさんは、乳がんになって手術して

今はピンピン元気にしてるよ〜

って


乳がんの生存率、分子標的薬が開発され確実に上がった・・・

乳がんと一言にいってもステージや転移範囲、

サブタイプによってその予後は大きく分かれると思う。

トリプルネガティブには、抗がん剤しか治療法がない・・・

抗がん剤が全く効かないタイプの人が

3年以内に再発する確率が高い・・・

再発したら・・・余命が決して長くないはず・・・


髪の毛だって絶対に生えてくるから大丈夫〜と言われるけど

実際に治療前の様に綺麗に生え揃わず

治療後3年経ってもウイッグ使用している人だって結構いるんだよ・・・



私が絶対に再発しないなんて誰が分かるのさ〜

気持ちが大事って分かってる

でもいつもいつも戦闘能力10万%とかでいられない

戦闘能力 ゼロ%の時だってあるのさ・・・



時として、自分の中の超ネガティブ細胞がふつふつ〜

ってなって こんなこと思ったり考えちゃったりしちゃうんだっ。

許してください。

ごめんちゃい




ちょっと  『ブラックなもこりん母さんの思いを吐いてみた。


辛い時は、超ミラクルネガティブ思考

悪いことしか考えられない・・・・

でも

少し楽になると、ポジティブ思考〜

あれやりたい・・・

あれしなきゃ・・・

あそこいきたい・・・

あれしたい・・・

あれ食べたい・・・などなど


楽になると前を向ける


前を向ける自分があるのは・・・・

家族をはじめ、私の周りにいるみなさんのおかげ


本当あたたかいく優しい言葉や存在で、沢山支えられています。

本当にありがとうございます


画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今の率直なお気持ちが、とても伝わってきました。

医者には専門分野があるのは解っているけど、不安や戸惑いを受け止めた一言は欲しいに決まっていますよ!
眼のことだって、病気や治療過程によるものなのか、他に原因があるのか、素人には判断がつかないから聴いているのに…ね。
その対応は無いですわ…今後に期待したいです。

病は気からと言いますが、私は逆の方が多いと思うんです。病気になると、健康な時のような気持ちを保つのに莫大な心的エネルギーを使うものだと思っています。その辺りのこと、お医者さんには心得ていてほしいなぁと思っちゃいました。
先生は自分にできる最大限のことをしていて、正直なんだとは思います。ただ、患者さんと一緒に病気に向き合う以上、気持ちに寄り添う姿勢は見える形で示してほしいですよね〜。
emi
2015/10/08 02:49
emiさんへ

医者にとっては、数多くいる患者の1人ですが
患者にとっては、一人の医師なんですよね〜。
でもなんかああいう言われ方をされると
もう聞こうと思わなくなっちゃうんですよね・・・。
でも自分の身体・・・命に係わる事だから
怯まず聞かないと〜ですね。
↑このエネルギーこそ無駄な感じですよね。
ホントに患者に寄り添って欲しいです。
先日風邪で近所のクリニックに行ったのですが、
しんどくて、冷や汗ダラ〜貧血みたいになり椅子から降りて床に正座していたら、看護師が来て『大丈夫ですか?』と・・・とりあえずその姿勢で大丈夫だので、『はい』と答えるとそのまま行ってしまいました。 なんだかなぁ〜・・・でした。

もこりん母さん
2015/10/10 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラックもこりん母さん ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる