ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 定時定点回収って何?!

<<   作成日時 : 2014/01/15 22:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 12

『定時定点回収』 って皆さん知っていますか

私は恥ずかしながら・・・

殺処分ゼロを目指して〜なんて偉そうなこと言って・・・

全く知りませんでした



ある決まった日時、決まった場所で、

野良犬や野良猫、飼えなくなった犬や猫を

粗大ゴミのように回収することを、『定時定点回収』と言います。

もちろん、回収された犬や猫は保健所に連れて行かれ、不幸な最期を迎えます。


現在、犬猫両方の定時定点回収を行っている自治体は、全国で7県です


年間殺処分数が多い広島県では、

この定時定点回収に年間約2000万円の予算を充てているそうです。

これは安易に飼い主や市民から犬や猫を引き取り、

殺処分せざるを得ない状況を簡単にしてしまいます。

平成25年9月の動物愛護法の改正で、愛護センターは容易に引き取りをせず、

状況の聞き取りや説得をしなければならなくなりました。

定時定点回収では、その過程がないのです。

自治体によっては、翌日に殺処分されてしまうそうです。


画像

こんな恐ろしい回収車が、かつてはあちこちの自治体で走っていただなんて・・・

本当に恐ろしいです。
画像

捨てていい命なんてありません。

独りでは、生きられないペットの命。


捨てるのも人間 

救うのも人間

同じ人間・・・・・


こんな恐ろしい回収が1日も早くな無くなって欲しい

私も願う一人です。

広島県のNPO法人の団体が署名活動をされています。

広島県における犬・猫の定時定点回収の即時廃止を求める請願書 署名のお願い〜

2011年、広島県は殺処分日本一になりました。

それなのに広島県は他県と比べ殺処分を減らす努力をしていないばかりか、今だに約2,000万円もの税金を使い犬猫の定時定点収集を行っています。
2012年度、定時定点収集により殺処分された犬猫は1400匹を超えています。これは広島県愛護センターが殺処分している犬猫の約25%にあたります。
殺処分ゼロを目指す取り組みのひとつとして、私たちはこの定時定点収集の全廃を広島県に強く要望します。
何の落ち度もない犬猫を捕まえては、ただ殺すだけのシステム【定時定点収集の全廃を望む】私たちの気持ちに賛同される方は、ご署名集めのご協力をお願い致します。
私はこれを日本国中から殺処分を全廃するきっかけにしたいと考えております。

広島県内外どなたでもありがたいです。どうか皆さま宜しくお願い致します。
署名用紙ダウンロード 
http://www.minashigo.jp/info/info_tangan.html

締切1月末まで



私も今、知り合いやわんわん保育園にもおねがいして署名集めています。

勝川弘法市&DOG PARKカフェオーレでも署名お願いしますので

ご協力お願いします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの子が、よくお腹さすれって仰向けになるのですが、その姿を見てるといつも思うんです。この子達は、確実に人間が作り出した生き物だな、って。人が好きだし、頼っているし、でもそれは人間が意図的に作り出した生物。だから人間はこの子達に責任を持って世話する義務があるんだって。
ヨボヨボになったって、最後まで看取るのが飼い主の義務、買えなくなったなら、せめて次の飼い主見つけろよ‼︎命をなんだと思っているのでしょうね。
ウミネコ
2014/01/16 03:00
私がこの地に嫁いできた頃だから、もう15年以上前ですけど、やっぱりやってましたね。
市の広報に載るんですよ。「不要犬猫収集日」って。
ここは、確か市役所に持ち込みで。
最初、理解できなくて、そこで里親募集なんかもしてるんだと呑気に考えてました。
そんな訳ないですよね。「不要」なんて謳われちゃってるんだもん。
田舎ってすごいな〜って、かなりショックでしたよ。
そんなお知らせ見なくなって久しいですけど、まだそんなことしている所があったんですね。
明らかに異常な制度なのになくならなかったったことは、それを利用している無責任な人間がまだまだたくさんいるってことなんですよね…


けろりん
2014/01/16 13:34
溜息が出てしまいますね。
犬や猫達は人を恨んでいるでしょうね。
人間が愛玩犬やネコとして作りあげたのに人間の都合で捨てられたり虐待されて。。。
挙句の果て、生ごみのように。。。
この車、看板を見た子供達はどのように捉えられるでしょうか?どうか、良い方向で考えてくれると良いのですが、心配です。
おばさん
2014/01/16 22:26
ウミネコさんへ

おっしゃる通りです。飼育継続できない理由には、高齢者で入院してしまったとか飼い主さんが亡くなったとか、致し方ない理由も中にはあります。
でも病気になったから、吠えるから、お金がかかるから・・・など飼う前から分かっている事を平然と言い訳する飼い主もいます。
命を家族と迎え入れ共に過ごしたのであれば、せめて大切に育ててくれる新しい家族を見つけるのが命に対する礼儀ですよね。
こんな制度・・・即刻辞めて欲しいです。
もこりん母さん
2014/01/16 22:50
けろりんさんへ

ご存知でしたか・・・。
そうなんですよね。自治体が出している案内を見ると『不要になった・・・』の文字がありました。本当に信じられません。
でもおっしゃる通り利用する人がいるから、無くならない制度なんですものね。
手軽にペットを買えなくすればいい生体販売禁止はもちろんですが、講習を受けるなど飼う側の責任を問う制度にしてほしいですよね。

悲しい現実を目の当たりにし胸が痛い毎日です。でもエイト君の様に新しい家族と出逢い幸せになっている仔も沢山います・・・そのことが今の私の元気の源です
もこりん母さん
2014/01/16 22:57
おばさんさんへ

わんこやにゃんこの悲しい目は、人間を恨んでいるし呆れているでしょうね。なんて勝手な生き物なんだと・・・。
そんな思いをする仔が、残念ながら毎日毎日いるんですよね。
現実を知れば知る程と胸が苦しく、微力な自分が情けなく思います。

以前出展の時、ペットショップに行く前に・・・の大型絵本を真剣に読んでくれていた5〜6歳の男の子がいました。読み終えると、『お母さんこっち来て〜すごく悲しいお話があるよ〜』とお母さんを呼んでいました。
子供は純粋無垢です。小さな子供から大きな大人が教わる事沢山あります。子供たちにもっと命の尊さを教える教育をしてほしいと思います。
命の花プロジェクトの様に・・・何か行動に起こせるってスゴイですよね。
もこりん母さん
2014/01/16 23:11
理解できないです。
何故そんなに簡単にすてるのか。生きてるのに!!
いろんな事情があるにしろ、新しい飼主を見つけるとか他に方法はあるはず。
捨てるなら飼うなよ!!って言いたい
みんな大切な命です。

先日、リュウの預かりママさんに久しぶりに会ったんですが、また新しい預かりっ子がいて・・・
「次から次へと・・・減らないんだよね、ゼロにはならないんだよね・・・保護される子はまだいいけど・・・」と辛そうにおっしゃってました。
ゼロになるのは難しいかもしれないけど、少しでも減ればいいですよね。

chirolove
2014/01/16 23:51
はじめまして。気持玉をありがとうございました。
ひどい話ですね。
北海道もこういう回収車はないんですが、産まれた子猫や子犬を袋に入れて川に投げ捨てるということが現実に起きています。
それも家畜動物を扱う農家がそういうことをしていたりします。
一日も早くこういうことがない世の中になるといいと思いますね。
うちのワンコはちなみに保健所から来た子で、猫はみんな保護猫です。
今後ともよろしくお願いします。
TAMO
2014/01/17 01:02
chiroloveさんへ

怒りの代弁ありがとうございますコメント読んですっきりしましたよ。
ホントその通りです。
このペットブームの裏側には比例して、飼育拒否されるペットがいるのが現実ですね。やっぱり気軽にペットを買えない制度を作って欲しいですね。
辛い現実を目の当たりにすると胸が苦しいのですが、リュウくんのような幸せわんこがいてくれることが私の励みです
もこりん母さん
2014/01/17 23:41
TAMOさんへ

はじめましてコメントありがとうございます
実は、TAMOさんの大自然で巻き起こる愉快・痛快・・・そして時々奇怪な事件、拝見していました。いつもお忙しそうなのに、楽しい記事を書かれていつも癒され楽しませて頂いていました。
TAMOさんが愛犬と悲しい別れを経験されても、尊い命を救うためできるだけ早く新しい子を迎え入れるようにしているという記事今でもしっかり覚えています。本当にその通りだと思います。
私はそう思うのに・・・全然もこの死を受け入れられず・・・でも少しずつ前にすすんでいます。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
もこりん母さん
2014/01/17 23:49
野蛮な車だわぁ〜
オクサン
2014/01/20 21:12
オクサンさんへ

昔は愛知県の名古屋も走っていたんです・・・そんな車知る由もなかったですが
もこりん母さん
2014/01/21 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
定時定点回収って何?! ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる