ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 凹×凹

<<   作成日時 : 2013/06/01 01:25   >>

トラックバック 1 / コメント 8

画像

パピーの頃、動物病院で健康手帳をもらいました。

通院する度に5年間、記入していました。
画像

その時の気付いたことや変化をメモ代わりに記入していました。
画像

誤字脱字だらけでお恥ずかしい・・・
画像

H24年8月9日・・・カッカッとする咳が気になり始めたのが分かる・・・
画像



もこが、我が家に来てすぐに、左目の異変に気づき、

直ぐ動物病院へ行ったのは5年前のこと・・・

すでに左目の視力はなく、白内障・水晶体脱臼・網膜剥離・緑内障の診断を受けました。

それから、5年間、見える右目のために、

毎月、眼圧を測りに通院しました。

予防接種はもちろん、膿痂疹、外耳炎、下痢した時も

通いました。

診察室が20室以上もあり、夜間救急診察もしている

とても大きい動物病院でした。


避妊手術を受けた時も、傷口の小ささに驚くと

『これが我々の医療技術です』って言われた言葉を

今も鮮明に覚えている。


もこがセカンドオピニオンの病院で告げられた病名は、

拡張型心筋症でした。


今回体調を崩した始まりは、捻挫〜発熱〜発疹でした。

でも途中から食欲減退、活気消失、下痢、嘔吐・・・と

悪化の一途でした。

途中から、拡張型心筋症の末期症状が表れていたのです。


なぜ、5年間毎月通院していた病院で、もっと初期症状の時点で

心臓の雑音が分からなかったの?


なぜ、セカンドオピニオンを受ける同日に撮影したレントゲンで

発見できなかったの?


もっと初期症状の時点で、心筋症の薬で心臓の動きをコントロール出来ていたならば

進行を遅らすことができたはず・・・

そしてもう少しだけ、一緒にいられる時間があったはず・・・


と思えば思う程・・・

なぜ私は、主治医を信用していたの・・・

なぜもっと早くセカンドオピニオンを受けなかったの・・・

私の不注意でもこが怪我しなければ、こんなことにならなかったんじゃないか・・・

と悔やんでなりません。


悲しんでばかりの母さんで

もこは安心できないね。ごめんね。

だから、

前を向いて頑張ろうと・・・

でも納得できない。


なぜもこは死んでしまったの?


優柔不断だけど、白黒はっきりさせたい性格の母さん



父さんは、傷つくのは自分達だから辞めた方がいいと言いましたが、


私は、やっぱりもこが死んでしまったこと、

去年の夏ごろから咳の兆候があったこと・・・
(咳の兆候があった時、獣医師に相談していました)

セカンドオピニオンを受けた日の数時間前の診察が、

誤診であったこと・・・知らせずにはいれません。

傷つくのは自分かもしれないし、もこはもう戻ってこない・・・

分かっていますが、

もこの病状経過と質問書、セカンドオピニオンでの検査結果、

5年間の健康手帳のコピーを5年通院した病院へ郵送しました。


いくら高度な医療技術や医療器械があっても、

病気を早期発見するのは、獣医師であること・・・

動物病院を信じて今も多くの患者が通院している・・・

もっと動物の心に耳を傾け、飼い主の声にも耳を傾け

病気を色々な角度から、診て欲しい・・・

意味のある検診や聴診をしてほしい・・・


一個人の獣医師をけして責めるものではなく、

動物病院全体の問題として受け止め、

誠意ある回答を求めました。


まだ連絡はきません・・・。


どんな回答がきても、もこが戻ってくる訳じゃありません。

でも、もこと同じように苦しむ動物がいてはならないし、

獣医師を過信してはいけない・・・獣医師も自分たちを過信してはいけない。


そんな思いが多少でも伝わればいいかな・・・と。



時が経つにつれ、もこがいない生活になれるどころか、

なんで、もこがいないのか・・・

もこがいない生活の寂しさをヒシヒシと感じる。



火曜日に、りんのフィラリア検査と予防の薬をもらうために

動物病院に行きました。

父さん、首ヘルニア手術後の仕事復帰と共に多忙で、

お疲れだったので、母さんが運転・・・

1週間ぶりに通った道路・・・

面会に通っていたのはついこないだの事なのに

すごくすごく昔の事の様に思えた・・・

胸が苦しくなり

涙が勝手に溢れてきた。



病院に着き、駐車場にバックで入れようとした時、

母さんギアーをバックに入れず、

アクセルを踏んでしまったらしい・・・


はっと思った時には、すでに時遅し

パニックになり、怖くてブレーキもアクセルも分からなくなり

ブレーキ踏めず・・・バリバリバリ・・・・。

病院の前に置いてあった、プラスチック製のベンチ(固い)に

突っ込んで停止。

幸いにも,

人がいなかったので、怪我を負わせてしまうこともなかった。

軽くしかアクセルを踏んでなかったし、

ベンチが固いタイプだったので建物まで壊れなかった。



車も凹んだけど、

私は、一生立ち直れなくてもいいと思う程・・・凹んだ。


父さんが、病院にすぐに謝罪(弁償)、保険屋さんに連絡、代車の手配・・・

私はもう一生運転しませんと言ったら、

人を怪我させたわけじゃないんだから、気にするな・・・

この程度の事で済んで、良かったと思わなきゃ・・・

もこが守ってくれたんだよ・・と父さん。



もこに早くありがとうって心から言える自分に

なりたいのに・・・



動物病院には、もこがお世話になりましたって

お礼も兼ねて行こうとしたのに、

お礼どころか、ベンチ壊しているし。

私って何してくれちゃってるの・・・

本当に最悪最低な母さんです。




リンスが欲しくて買いに行ったのに、

シャンプー2つ買ってくるし・・・


お茶碗に、味噌汁、お椀にご飯よそってるし・・・


銀行に寄ろうと思っていったのに、寄らずに帰るし・・・


りんの散歩行く時、首輪もリードも持たずに家を出てるし・・・


買い物行っても何を買えばいいのか分からなくなるし・・・


こんなんじゃいけない・・・

仕事でもミスしないか・・・

自分で自分が心配・・・





そういえば、

動物病院で、父さんが車の手配している時に

病院の先生が通ったので、会釈すると・・・
(獣医さんが5〜8人もいる病院)

もこの事覚えてくれていたみたいで・・・

りんを見て

『新しい子ですか?』って


『いいえ〜前からいる子です・・・・多頭飼いなので。』と答えた話を

息子にしたら、

『いっくら何でも、切り替え早すぎだろッ』っと。

この息子の突込みにちょっと心が楽になった。




時の流れは全国同じ・・・世界中同じ、みんな同じ・・・

でも早く感じたり、遅く感じたり・・・

同じ1日でも、長い1日もあれば、短い1日もある。



今の私は、早く時が流れて欲しいと思ってしまう。

いくら時が流れても、自分で乗り越えなければ

時が過ぎても解決しない・・・って解っているけど・・・





なんだか、とりとめもないブログで、

見苦しいですね・・・。

皆さんスルーして下さいね。









殺処分ゼロを目指して〜


日本では1日に約700〜800匹の何の罪もない犬や猫が
殺処分されています
もこりん母さんは、一匹でも多くのわんわんを救うお手伝いができればと
『わんこの幸せバンダナ』を一枚一枚ハンドメイドし、販売をしています

売り上げの10%を犬の保護活動や里親探しの資金として
“NPO法人 DOG DUCA”へ寄付しています



〜わんこの幸せバンダナ〜

商品一覧はこちら

http://8940150.at.webry.info/201209/article_10.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM サンダル
凹×凹 ジャックラッセルテリア“とほほん〜のほほん“日記/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/10 04:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
前向きに進んでいるもこりん母さんを感じましたよ。
とても参考になる記事です。飼い主として日々の観察や病院、獣医師との関係、、これからはもっと真剣に考えなければと感じました。
へこんだ件。。。怪我が無くて良かった。もこちゃんが守ってくれたとの、もこりん父さんに同感です。が、「もぅ〜母さん、もこに心配かけないで!」と、もこちゃんが言っているかも知れませんよ。
そして、りんちゃんも何か感じて心配していると思います。人がワンちゃんに与えられる愛情は安心です。
では、、また。
おばさん
2013/06/01 08:18
もこ、りん私もですよ。
私も今週水曜日、保育園の前で車のエンジンかけたつもりが、かかってなくて思いっきり後ろさがってしまいあせりました。
歩行者いなくてよかったです。
仕事で疲れて帰ってきて、すぐ迎えに行ったのと、園から離れるとちーが思いっきり吠えまくるのとで、ボーっとしたせいかな?
りんちゃん、もこちゃんのブログはちーの事で落ち込む私の元気のもとです。
保育園に通って本当にいろいろなことを教えていただいてみなさんに感謝してます。
バンダナで保護活動に協力されてることなんて、とてもすごいことですよね。
私が言うのもおこがましですが、もこ、りんままは沢山の人に元気を与えてますよね。
なので、もこちゃんをはじめ皆が応援してますので大丈夫、大丈夫です!
ちーまま
2013/06/01 20:02
おばさんさんへ

嬉しいコメントありがとうございます。
そう言って頂けることが、もこが残してくれたこと、そして私がみんなに発信できることなんですよね。
病気になった時から、記事をUPするのも迷いましたが、園長先生に、みんなの為に絶対に残して〜UPして〜と言って頂いたので、UPしていました。
病気の記事は、読み返す事ができず、振り返ることができない今の自分です。時間が経てば『もこ、すごく頑張っていたね。偉かったね』って見ることができるかな・・・と思っています。
凹んだ事件は、本当に情けないです。
もこが心配してますね・・・あっ怒ってるかな・・・
母さんボッーとし過ぎ!
代車まで傷付けてはいけないし、今、運転する自信もなし・・・。友達に話したら、代車の代車ってあるのかな〜と。代車で事故ったら、もう運転する資格ないよね〜と笑える自分になりました。おばさんさんいつもあたたかく見守ってくださって本当にありがとうございます。
りんは家族の寂しさを埋めるため、甘えん坊になって忙しそうです。
もこりん母さん
2013/06/02 22:46
ちーままさんへ

ちーままさんも・・・でしたか。
とってもびっくりしましたよね。
私も病院へ行くことが、すでに心が平常でなかったので、ギアーチェンジせずに、アクセル踏んでバックするつもりで、前に進んでしまいました。
もこがお世話になってありがとうございましたと言うはずが、ごめんなさいになり・・・情けなかったです。保険屋さんでベンチの手続きをしてもらっているのですが、土曜日に改めて謝罪に行ってきました。もちろん父さんの運転で・・・。
お互い怪我がなくて良かったと思い、凹んだ後は、凸
なきゃいけませんね。
”もこりんのブログは元気のもと”だなんて・・・本当に嬉しいです。ありがとうございます。
もこは元気過ぎて、ガウガウで本当に困って悩んでいました。でもブログや保育園との出逢いで、悩みも少しずつ楽しく悩めるようになりました。
みなさんのおかげなんですよ。
ちーままさんありがとうございます。
もこりん母さん
2013/06/02 22:56
辛いお気持ちだけでなく、もっと様々な気持ちが入り混じった複雑な感情が伝わってくる記事でした。
車での出来事は、お父さんがおっしゃるように誰も怪我をしなかったのだから気にしない方が良いですよ。辛い時期ですから、小さなミスもしちゃいますよね。今の自分はそういう時期なんだなと思って、自分に優しくしてあげてほしいなと感じています。
かかる時間は違えど「人には葛藤を乗り越える力が誰にでもある」ものですよ。大丈夫。(私が最近やっている勉強において核になっているコトを引用しちゃいました。)
うまく伝えられなくてごめんなさい。
emi
2013/06/04 01:05
emiさんへ

心強いメッセージありがとうございます。
私は文章を上手く書いたりまとめたりするのが苦手だし、言葉知らずで上手く表現できないのですが、
emiさんに感じてもらえたことが嬉しいです。
車は、治るまで2週間はかかるそうで・・・
代車を運転する勇気もなく、自転車通勤しています(汗)車が戻ってきてもなんだか、まだ運転の自信がないのですが・・・。
戻ってくる頃には心が多少落ち着いているかな?!と。

もこりん母さん
2013/06/04 22:40
昨日から何度も何度も訪問し繰り返し駆使返し読ませていただいたます。たった18日間の闘病で逝ってしまった元気印のもこちゃん。たった18日間でもこちゃんを見送らなければならなかったもこりん母さん。
悔しかったですね、悲しかったですね。
「なんで、もこがいないのか、、、」
泣けて、泣けて、嗚咽をこらえられませんでした。
そうですよね、なぜいないのか、、、世の中には
無くてもいい物がたくさんあるのに。
コージィだけがいなくて、、、
なんでコージィがいないのか、、、コージィのひろい背をもう一度抱きしめたいと、今も、胸がキュッとします。
コージィを失った悲しみからいまだ立ち直ることが出来ない私に、もこりん母さんに「早く元気になって」と云うのは心苦しいのです。ただ、ご自分を責めないでください。もこちゃんがかなしみますよ。
青空
2013/06/13 10:21
青空さんへ

心強いメッセージありがとうございます。
あっと言う物出来事で、夢じゃないかと思ってしまいます。
もこ&りんのコンビが一人になり、ふぬけな感じです。面会の時に、酸素室から出して抱っこするのも心臓に負担がかかるから可哀相と思い、抱っこしたい気持ちをぐっとこらえていましたが、やっぱりギュと大好きだよって伝えたかったと後悔しています。
私も青空さんと同じく、もこを想うと胸がキュッとなり、涙があふれます。自分を責めてはいけないし後悔ばかりもいけませんね。分かっているのですが・・・。
病院に対しても不信感がいっぱいで、今もりんの主治医をどうしようか・・・と悩んでします。
青空さんありがとうございます。色々思い出させて、悲しませてごめんなさいね。でも、もこの為に涙を流して下さりありがとうございます。
もこりん母さん
2013/06/13 20:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
凹×凹 ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる