ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 葬儀の日

<<   作成日時 : 2013/05/25 23:53   >>

トラックバック 0 / コメント 4

もこのお葬式は、亡くなった翌日の21日

慈妙院で立ち合い葬で行いました。


21日の朝・・・

雲一つない、とても綺麗な青空が広がっていました。


この日は、”小満”


小満とは,

秋に蒔〔ま〕いた麦などの穂がつく頃で、

ほっと一安心(少し満足)する日

だから、みんなで心穏やかに、もこを送り出してあげてね。

と小太郎ママが教えてくれた通りの日でした。



葬儀は午後2時から、お家でゆっくり時が過ぎるのを

待ちました。



出発前に、

父さんが、ベランダからお外を見せてあげたいと・・・

父さん母さんで棺を持ち、ベランダから外を眺めました。


いつもの風景〜


もこは、父さんと毎日必ずベランダから、お外を見てました。

通る車、人、犬、鳥・・・・お鼻をクンクンさせて

嬉しそうにいつまでも見ていました。

もこは、お外を見るのが大好きでした。


もう抱っこしてあげなくても、自由に見れる?

でも、父さんはもこと眺めるお外が、好きだったんだよ・・・

12時過ぎ・・・

もこが好きだった公園やお散歩道〜わんわん保育園を

車でお散歩するために、早くに家を出発。



りんも一緒です。


いつもは、公園が近くなるとキュンキュン言うりんなのに

静かにしていました。


葬儀には、園長先生ご夫妻も来てくださるとの事で、

イケメン先生に会えないので、

保育園にも行きました。

着いたら偶然にすぐに、先生が出てきました。

丁度出かけてしまう所・・・

もこの為にポロポロと泣いて・・・

手を合わせて下さいました。

あと10秒遅かったら、会えなかった・・・・

きっともこが会いたかったんだね。



実は、もこが亡くなった日から偶然続き


・病院からの朝の連絡が、後15分遅かったら、父さんすでに出勤してしまい連絡が取れなかった・・・

・母さんもその日奇跡的に、お休みが取れていた・・・

・朝、動物病院からの帰り道(もこも乗車)。。園長先生が、もこりん車の前を走っていたそうです。いつもと違う時間、違う道をたまたま通ったそうです。ちょっと嫌な予感を感じていたので、父さんからの電話が鳴った時、少し心の準備ができていたと・・・

・もこが家に帰って来た日、Oさんは今日しかないって思い立ち、もこが家にいるとは知らずに、来宅してくださった・・・

・園長先生が慈妙院に来てくださる時も、飼育拒否の子の保護で少し遅れてしまうと連絡がありました。でも、唯一2時半の予約だけ、ぽっかり空いていて遅れても大丈夫と言って頂き、これは、愛してくださった皆さんに送ってもらいたいと言う愛犬さんの思いが通じた偶然ですね。とおっさまにもお言葉を掛けてもらいました。


もこの思いが通じたんだね。


もこがパピーでウンチ祭りをしていた時から、

毎日毎日都合が付く限り、おやつやお世話をするために

来てくれた、もこりんおばあちゃんも含め、

5人とりんでお経を聞き、手を合わせました。


りんは父さんと、回復を祈り、もこの為にお札やお守りをもらいに行った時

お経と鐘の音に、大騒ぎだったので

あまり騒いだらおばあちゃんが外に連れて行くことに

していましたが・・・

クレートの中で、ウンともスンとも言わず

凄く静かに待てました。



皆で、もこと最後の別れをしました。


涙しかでません。


頑張ってありがとうって言いましたが、

やっぱり、ごめんね・・・と心で叫んでしまいました。


でも、もこは本当に多く方に、たくさんたくさん

想っていただき・・・

愛してもらい・・・

世界一幸せなわんこでした。


もこに代わって、皆様にお礼を言わせていただきます。


本当にありがとうございました。





もこの火葬中は、外の待合室で、

父さん・母さん・おばあちゃん・りんで待ちました。


なんだか力が抜けてしまいました。


りんが無邪気に、お部屋をウロウロ〜


りんがいて良かった・・・

りんがいなかったら・・・


おばあちゃんが言いました。

『もこは本当に幸せだったよ

でも、あんたは昔っから、そうなるから(地の底まで落ち込むから)

もう生き物は飼っちゃいかん・・・』と。


しばらくすると、

りんは、火葬場の方をドア越しに、見つめていました。
画像

りん

最後まで決して、もこの事見なかったね。

もう、もこは、りんに怒らないよ。

でも、もう遊んでもくれないんだよ。

分かっているのかな・・・・・




1時間ほどが立ち・・・

火葬場へ

扉が開くと、もこは骨になってました。


骨壺は、ピンクのパンジーのお花の柄を選びました。

三人で骨を拾いました。

出来るだけたくさん入れよう・・・

崩れないように・・・

でも簡単に折れてしまう・・・

折れる度みんなで、ごめんねごめんね・・・

でも沢山お家に連れて帰りたい・・・

ゆすると、骨がずれて沢山入りますよと、係の方が教えて下さいました。

なんだかまるで、つめ放題みたいだね・・・

母さんの得意分野じゃん・・・

でも持ち前の根性は発揮できず・・・


入りきらなかったお骨は、共同墓地に埋葬して下さるとの事。


共同墓地には、わんわん保育園のお友達や

もこのお友達

ラック君  ナビちゃん がいる

そしてお空には、銀次郎君  ナポちゃん コージイくん・・・

チワワのみこ・・・ 

もこが大好きだった”骨骨”お友達の分も持たせました。

仲良くみんなに渡せたかな・・・

ガウガウいってないかな・・・


小さくなったもこを抱いて家に帰りました。

もこの居場所を作りました。

もこが大好きだった毛布、半分はもこに持たせ

半分はお家でもこが寝れるように・・・


でもりんが寝ました。
画像

色々〜あちこちで寝ています
画像


父さんが今日じゃないと片付けれないと言って

リビングの柵を片付けました。

おふたりさんを分けていた柵・・・

もう喧嘩もしない

ずっと仲良しだね。

仲良くなって欲しい一念だったので、

柵が取れて、ちょっと嬉しかったけど

もこがいないリビング・・・

余計に広く感じ、寂しさが倍増になりました。




りんの散歩をしながら、はずまない会話・・・

でも父さん・母さんで行くのです。



夢でもいいから、

もこに会いたい

抱っこしたい








殺処分ゼロを目指して〜


日本では1日に約700〜800匹の何の罪もない犬や猫が
殺処分されています
もこりん母さんは、一匹でも多くのわんわんを救うお手伝いができればと
『わんこの幸せバンダナ』を一枚一枚ハンドメイドし、販売をしています

売り上げの10%を犬の保護活動や里親探しの資金として
“NPO法人 DOG DUCA”へ寄付しています



〜わんこの幸せバンダナ〜

商品一覧はこちら

http://8940150.at.webry.info/201209/article_10.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
前回の記事も、今回も最初から最後までしっかりと読ませていただきました。
ありがとうと言いながら、ごめんねと心で叫んでしまう気持ちわかります。私もそうでした。これは以前自分のブログでも書きましたが、無理に気持ちを整理しようと思わなくても良いと思います。そうしようとすればするほど、辛くなるということもありますから。
ゆっくり、ゆっくりで。
それと、’偶然’というお話でしたが、もこちゃん、きちんとご挨拶をしたかったのではないでしょうかね?もこちゃん、ご家族に愛されていたことをしっかり感じていたという証に思えます。私も元犬・元々犬の両方の最期で不思議?偶然?という経験があるんで、読みながらそう感じました。
もこちゃんに伝えてください⇒頑張りましたね。かわいいもこちゃんの姿、忘れません。そして、天国でうちのチャンスと会ったら、一緒に遊んでやってくださいね。
emi
2013/05/26 01:31
emiさんへ

あたたかいメッセージありがとうございます。emiさんのように愛犬チャンスちゃんとの思い出を前向きに語ることができるように私もなりたいと思います。
まだ今は、できませんが、大切な大切な家族だったからこそ、そうしないといけませんね。

”しっかり感じていた証”嬉しいお言葉です。
もっともっとああ〜してあげれば、こうしてあげれば〜と後悔ばかりです。
JRT先輩のチャンスちゃんともうすぐ会えるかな・・・49日までは、まだお家にいるかな・・・なんて考える母さんです。
返信遅くなってごめんなさい。コメント嬉しいです。emiさんありがとうございます。
もこりん母さん
2013/05/29 23:30
以前DUCAに勤めていた鈴木です。
実はもこちゃんが旅立つ前日に偶然もこちゃんに会いました。家の犬も体調が急変し、命の危機と言われ守山に転院し、入院となったのですが、同じ入院室にもこちゃんがいました。どうしたのだろうとブログを拝見していたのですが…。もこちゃんとは思い出がたくさんあるのでとても残念で悲しいです。
でもこの何とも言えない偶然は、もしかしたらもこちゃんが私のことを覚えていてくれて、最後の挨拶にと導いてくれたのかなと、なんだか不思議なパワーを感じます。
そんな不思議パワーを持ったもこちゃんだから、きっとご家族の皆さまをこれから見守り続けてくれることと思います。私も家族である犬を亡くした経験が何度かあるので、心中お察し致します。でもきっと今は天国で痛いことも我慢することもなく美味しいものを好きなだけ食べて、たくさんのお友達と駆け回っているのでしょうね。

ご冥福をお祈りします。
鈴木
2013/05/31 09:35
鈴木先生へ

お久しぶりです。
本当にびっくりしました。もこが先生に会えたことは、もちろん先生がもこに気付いてくださったことも・・・。
本当にもこには、びっくりしました。
不思議なパワーですね・・・
先生には、本当にお世話になりました。
可愛がってくださってありがとうございました。
全然言う事聞かなくて・・・迎えに行くと、ガウガウ言ってパ二クリだったもこでしたね。
今はきっとJRTの優等生かな・・・
気にかけて見て下さりありがとうございました。コメント嬉しかったです。

先生のわんちゃんは、良くなりましたか?お大事にしてくださいね。
もこりん母さん
2013/06/02 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
葬儀の日 ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる