ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記

アクセスカウンタ

zoom RSS お家で眠りました。

<<   作成日時 : 2013/05/24 21:42   >>

トラックバック 0 / コメント 2

毎晩毎晩ドキドキしながら、ベットに入り

夜明け早々に目が覚める毎日でした。

でも不思議と、5月20日の朝は、

ゆっくり目が覚めました。

ベットの中で、

もこの面会に行って、いい加減お買い物に行こうかなぁ〜

なんて考えていました。

でも突然7時前に、自宅の電話が鳴りました。

父さん慌てふためいて、リビングから寝室へ

なんで〜早く出てよ〜と叫びながら、母さんは飛び起きた・・・

父さんが電話に出た。

急いで来てください・・・・・・


病院まで15分

朝の多少のラッシュはあったものの順調に到着

でも、もこはもう診察台に横たわり

人工呼吸器、心臓マッサージを受けていた。


母さんは、小学生から〜高校卒業まで12年間一緒に暮らした

チワワの”みこ”を心臓病〜肺気腫で亡くしました。

幸いにも駆けつけると奇跡が起き、みこは、腕の中で息を引き取りました。


そのことが、ずっとずっと気がかりだった・・・

でも、もこの光景を見た時、到底もこには奇跡が起こらない

状況であることは直ぐに分かった。

そんな体力もない・・・骨と皮だけのもこだもん

獣医師は、心肺停止から30分が蘇生の限界ですと告げ

7時30分まで心臓マッサージをしてくれた。


父さんも母さんも、それ以上は望まなかった


獣医師は、お家に帰ってゆっくり休ませてあげて下さいと言った



もこを綺麗にしてもらい、段ボールの棺に入ったもこを


車に乗せ帰宅・・・・ほんの1時間ちょっとの出来事だった



お家に帰り、大好きだった毛布の上に寝かせてあげた


そして1週間ぶりに抱っこした。

冷たかった。骨でゴツゴツした身体。

ごめんね。お家に帰りたかったね。

と謝っても謝りきれなかった。


ずっと可愛がってくれていたおばあちゃんが、お庭の花を

持って駆け付けてくれた。


父さんもすぐに、お花屋さんで、もこの似合う赤の花束を買って来てくれた。
画像


もこは、何も言わずに目を開けて、真っ直ぐ見ている
画像



りんは、一度も、もこの匂いも嗅がなければ、

目も合わせない・・・

抱っこしても頑なに首を曲げ避ける・・・

棺にも30p以上は近づかなかった・・・


画像

でも近くにはいる・・・


午後・・・


園長先生ご夫妻がお花を持って駆け付けてくれた

4月に園長先生宅にお泊りした時、

もこは、奥様の顔を初めて、ぺロッとしたそうです。

園長先生の膝に飛び乗ったそうです。

リビングを走り回ったそうです。

あんなに元気だったのに・・・・


もこは、セカンドオピニオンの大切さ、無理な交配、健康でも日常で気を付けることなど

色々の事を、命を懸けて教えてくれた・・・

みんなが、もこに感謝している・・・

穏やかな顔で安心した・・・

いっぱいいっぱい父さん母さんを、励ましてくれ・・・

いっぱいいっぱい泣いて下さった。





夕方には、お友達わんこの小太郎君ファミリー

家族ぐるみのお付き合いのYファミリー

そして以前住んでいた住宅で、お友達だった

Oさんが突然来てくださった。

ブログを見ててくださり、お守り送ろうと思ったけど、近所だし、

なにか、もこちゃんが好きな物を買ってあげて・・・と封筒を。

もこ、今朝お家に帰って来たんだぁ・・・

Oさんは、なぜだか、今日行かなきゃって思い、夜分に悪いと

思いつつ足を運んでくださったのです。

もこには一度も会ったことがありませんでした。

もこ最初で最後の挨拶ができました。


みんなが来てくれ賑やかな夜

でも、みんなが帰った後は、静かな夜



息子の手を取り、もこのお腹に当てました。

冷たいね。これが死んでしまったってこと。

生きている時は、あんなにあたたかいのにね。

生きているってことは、あたたかい血が流れているんだよ。

命は、永遠には続かないけど、とてもとても大切なものなんだよ。と


22年も前に、亡くしたチワワのみこの冷たさがずっと忘れられない

母さん。息子にもずっと忘れて欲しくない。



父さん・母さん・兄ちゃんそれぞれ、もこだけが読む手紙を

書きました。

兄ちゃんは部屋で、泣きながら書いていました。


もこが帰ってきた夜は、リビングで

もこ・母さん・りん・父さん の4本川になって眠りました。


画像


沢山のお花、お手紙、お守り、おやつ、母さんの手作りごはん・・・

に囲まれて・・・

そして、耳には、

くも膜下出血で4年前に亡くなった小太郎パパ。

亡くなった時の胡蝶蘭が、毎年綺麗に咲くとのこと・・・

大切な大切な一輪をもこに下さったので、耳に飾りました。

カワイイでしょ。






本当に皆様にあたたかく見守って頂き、

ありがとうございました。

保育園のお友達、ブログを通してのお友達

たくさんたくさん、もこのために祈って下さってありがとうございました。

今はお礼しか言えず、本当にごめんなさい。



母さんはまだ気持ちの整理もなにも付いていません。

なんで、もこが死んでしまったのか、理解も納得もいっていません。


でも、もこはいません。


悲しくても寂しくても・・・

時は過ぎ・・・日々は過ぎていきます。














*皆様あたたかい応援気持ち玉たくさんありがとうございました。
 心無い、面白いの気持ち玉を入れる一部の方がいることに
 更に胸が痛みますので、気持ち玉欄を閉じさせて頂きました。











殺処分ゼロを目指して〜


日本では1日に約700〜800匹の何の罪もない犬や猫が
殺処分されています
もこりん母さんは、一匹でも多くのわんわんを救うお手伝いができればと
『わんこの幸せバンダナ』を一枚一枚ハンドメイドし、販売をしています

売り上げの10%を犬の保護活動や里親探しの資金として
“NPO法人 DOG DUCA”へ寄付しています



〜わんこの幸せバンダナ〜

商品一覧はこちら

http://8940150.at.webry.info/201209/article_10.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もこちゃん、沢山の人から愛されて、そして、なにより、ママさん、パパさん、お兄ちゃん、りんちゃんに愛情を沢山そそがれて過ごしてきた犬生でしたね。
私、亡くなってしまった事を知らなくてコメントしてしまいすいません。夜、投稿されたブログで、もこちゃんの事を知り、申し訳ない気持ちで、そして、悲しくて、寂しくて涙が止まらなくなりました。それから今日までなんと声をかけてよいのわからずにいました。
亡くなる前日の遠くを見つめていたもこちゃん、今日のブログのりんちゃんのお写真、色んな思いが込み上げてきます。
もこちゃん、りんちゃんが可愛くて…。うちのワンコと照らし合わせてみたり…。本当にブログを楽しみにしていて…だから、一度会いたかったです。うちのワンコ達は園で一緒に遊んだ事あるかな?。

お家で眠るもこちゃん、お耳も綺麗で、今にもご飯食べそうな、苦しいお顔ではなく、とても穏やかなお顔ですね。
もこちゃに、頑張ったね。ありがとうございますって伝えて下さると嬉しいです。

りんちゃんは大丈夫かな?

もこりんままさん、パパさん、お兄ちゃんの体調も心配です…。

最後になりますが、もこちゃんから色々教わりました。もこちゃんの事、忘れません。




チョコ
2013/05/24 23:50
チョコさんへ

あたたかいお言葉心より感謝します。
コメントありがとうございます。返って気を使わせてしまいごめんなさい。
みなさん本当に、もこの事を心配して下さっていたので、もこの訃報をもっと早くお知らせしなくちゃいけなかったのですが・・・夜遅くになってしまい申し訳なかったです。
もこは、祝日か土曜日に登園していました。チョコちゃん達と遊んだ事あるかな?
お迎えに行くと急にガウガウになり、逃げるように帰ることの方が多かったです・・・

もこ穏やかな顔と言ってくださりありがとうございます。今の私にとってはそれが唯一の救いです。
あたたかく見守って下さりありがとうございます。
もこりん母さん
2013/05/26 00:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
お家で眠りました。 ジャックラッセルテリア “とほほん〜のほほん”日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる